絵本

0歳の赤ちゃんから楽しめる絵本はどんな本?

0歳の赤ちゃんでも楽しく読める絵本もたくさんあります。

まだしゃべれない赤ちゃんでも読み聞かせをするといいという話はよく聞きますよね。

私も子供が0歳の時はよく本を読む子になってほしいという思いと、絵本をたくさん読んであげるといいということは聞いていたので、よく読んでいました。

でも0歳の赤ちゃんが喜ぶ絵本てどんな本?いつから読み聞かせをすればいい?

など初めはわからないこともたくさんあります。

赤ちゃんによって好みは違うかもしれませんが、我が家が選んだ絵本をご紹介したいと思います。

我が家の最初の絵本は

こぐまちゃんえほん

妊娠中に絵本はどんなものがあるのかよく見ていました。

そんな時お友達から出産祝いとして絵本をもらいました。

そのもらった絵本は「こぐまちゃんえほん」。

出産祝いとしてセットでどーんとまとめていただきました。

0歳の赤ちゃんにはどうなんだろう?と思いましたが、かわいいこぐまちゃんの絵に惹かれて毎日よく読んでいました。

かわいいこぐまちゃんとしろくまちゃんのお話で、わかりやすい言葉と絵で癒されます。

0歳から毎日読んでいたこともあり、しゃべりだした頃にはすっかり覚えて絵本をみないでもお話をしゃべっていました!

0歳から自分で読める3歳くらいまではよく読んでいましたね。

うちの子の一番お気に入りの絵本です。

 

いない いない ばあ

この絵本はすごく大活躍しました。

この絵本を読むと泣いているときでもすぐに笑顔になって大爆笑です!

動物たちがただいないいないばあをしていくだけの絵本ですが、動物の面白い表情で、子供も大人も一緒に楽しめる絵本ですね。

 

じゃあじゃあびりびり

赤ちゃんの最初の絵本として大人気の絵本です。

わかりやすい擬音の表現とわかりやすい絵で赤ちゃんもすごく興味を持ってみることができます。

色がカラフルなので、まだ視力の低い赤ちゃんも大好きになれる絵本です。

 

だるまさんシリーズ「が・の・と」

これも昔から大人気の絵本です。

0歳よりは1歳くらいになった方が楽しめるかもしれません。

手足のあるかわいいだるまさんの動きがとてもおもしろいです。

0歳の絵本を選ぶポイントは

0歳にはどんな絵本がいいのか?

男の子や女の子、赤ちゃんによっても好みが違うかもしれませんが、選ぶ時のポイントです。

  • カラフルな色や分かりやすい形
  • 絵本の角が丸いもの
  • 短い言葉で繰り返すもの
  • 赤ちゃんの手でも持てるくらいの大きさ
  • 素材が丈夫なもの(厚紙・布・ビニールなど)
  • 舐めても安心なもの
  • 生活に密着するような内容や絵のもの
  • ページ数はあまり多くないもの

 

いくつかポイントをあげてみましたが、親子で楽しめる絵本が一番です!

でも赤ちゃんの場合は舐めたり噛んだりということもあるので、お気に入りの絵本ほど早く痛んでボロボロになってきてしまうんですよね…。

我が家もこぐまちゃんえほんが大好きでずっと読んでいたので、最後のほうはページも破れ、バラバラの状態でした…。

 

まとめ

うちの子が大好きだった絵本をご紹介してみましたが、たのしいおもしろい絵本はたくさんあります。

赤ちゃんが気に入るかどうかわからないのにいきなり買うのは…と心配であれば、まず図書館で借りてきてみるのもいいかもしれませんね!

うちの子はこれが好きだけど、お友達は全然興味がなかったり、赤ちゃんの反応もそれぞれでおもしろいです。

絵本を読んで笑顔になってくれると、こちらも癒されて元気になれますよね!

たくさん絵本を読んであげることで、子供の成長も感じられると思います♪