子育て

ベビーカーの選び方は?A型とB型の違いとおすすめのベビーカーはこれ!

赤ちゃんが産まれたら、楽しみになるのが赤ちゃんとのお出かけですね!

だけどベビーカーでもたくさん種類があり、どれを選んべばいいのか悩みます。

赤ちゃんの月齢や、家族の生活スタイルによってもおすすめのベビーカーは違ってきます。

今のベビーカーはどんなものが人気があるのかご紹介してみます。

ベビーカーのA型とB型

ベビーカーにはA型とB型という2つのタイプがあります。

赤ちゃんの月齢によって分類をされており、日本のSG(安全基準)によって定められている規格です。

A型・B型は日本独自の基準になります。

 

A型 ベビーカー

A型ベビーカーはまだ首のすわらない生後1か月から使えます。

赤ちゃんを寝かせた状態で使えるようになっています。

ベビーカーの持ち手(ハンドル)の向きを変えて、赤ちゃんと対面して使えるようにもなっています。

作りがしっかりとしていたり、機能的になっている分、お値段はB型のより少し高めです。

B型 ベビーカー

B型ベビーカーは赤ちゃんがお座りができるようになる7か月頃から使います。

A型のように、リクライニングしてフラットになったり、ハンドルの向きを変えたりということはできません。

お座りができるようにならないと使えませんが、コンパクトで持ち運びがしやすいのとお値段もお手頃のものも多いです。

 

A型とB型はどちらがいいの?

ベビーカーに乗る赤ちゃんの乗り心地も大切ですが、普段持ち歩くママやパパが使いやすいものを選ぶようにしましょう。

普段の生活が、歩きなのか電車なのか車なのかによっても選び方は変わってくると思います。

車移動が多い場合

普段車での移動が多い場合は、あまり歩くということもすくないでしょうし、あまり大きなベビーカーは必要ないかもしれませんね。

車で買い物へ行き、短時間であれば抱っこ紐だけで済んでしまうかもしれません。

車中心の生活であれば、まだ赤ちゃんが歩かないうちはベビーカーの必要はあまりないかもしれませんので、B型ベビーカーだけで十分ということもあります。

B型であれば小さめでコンパクトなものも多いので、車へ積み下ろしも楽にできます。

電車に乗ることが多い場合

車には乗らず、いつも電車と使って移動するとい生活の場合は、ずっと抱っこ紐でというわけにもいきませんので、A型ベビーカーが必要になってきます。

ですが、電車に乗る場合は、混んでいる時などは赤ちゃんを抱っこしてベビーカーは折りたたまなくてはいけないということもありますので、A型でもできるだけコンパクトで簡単に折りたたむことができるものを選ぶ方がいいでしょう。

歩きだけの場合

近所に病院やスーパーなどもあり、ほとんど歩きだけで生活できるという場合には、A型ベビーカーでも安定して動けるようなタイヤの大きく段差も楽に走行できたり、スーパーの中でも小回りができたりと、機能的なものを選ぶと買い物やお散歩も楽しくなると思います。

 

おすすめのA型ベビーカー

 

コンビ メチャライト

 

大型のシェードがついていて、夏の強い日差しからも赤ちゃんをしっかりと守ってくれます。

大きめのカゴもついているので、ベビーグッズやママグッズ、たくさん買い物をする時にも便利です。

軽量4.6キロで持ち運びも楽にできます。

シートは洗濯機で丸洗いができるので、汚してしまっても安心です。

抱っこしながらワンタッチで開閉もできるので、ママに嬉しい機能がたくさんですね。

 

グレコ シティエース

 

グレコのシティエースは収納力が抜群です。

ベビーカーを押してスーパーへ買い物へ行くと買い物かごをどうやって持ったらいいのか悩みますよね…。

ベビーカーを押しながらスーパーのカートを一緒に押すことはできないので、ママがベビーカーを押しながらカゴも持たなくてはいけないのですごく大変なんです。

このグレコのシティエースはなんと、ベビーカーにスーパーのカゴを乗せることができるんです!

ハンドルにたくさん荷物をかけてしまって、後ろに倒れてしまうなんて心配もありません。

たくさん買い物をしてもベビーカーに乗せて帰ることができるのですごく便利。

さらにシート下には足カバーがついていて、赤ちゃんの足の先まですっぽりと覆ってくれるので、冬の寒い日も夏の暑い日差しからも守ってくれます。

 

エアバギー ココブレーキモデル

 

エアバギー ココブレーキモデルは安全性と機能性を重視して作られています。

スピード調整ができるハンドブレーキで坂道でも安心して走行することができます。

お値段は少し高めですが、赤ちゃんもママもパパでも安心してお出かけすることができます。

日よけはドーム状になっていてしっかりと日差しから守ってくれます。

ピンク・緑・黄色など色のバリエーションも豊富でお出かけするのが楽しくなります。

 

おすすめのB型ベビーカー

 

コルクラフト クラウド ストローラー

 

アメリカの製品で、見た目がとてもかわいいです。

7か月頃から体重18キロくらいまで使うことができます。

タイヤが大きめで回転がスムーズにできます。

ハンドルが持ちやすく、カップホルダーがついているので、ママ用の飲み物でもいいですし、子供のジュースやお茶などを入れておくこともできます。

ドリンクホルダーは取り外しができるので邪魔になる場合は外しておけます。

B型は荷物を入れておく場所がないものが多いですが、下にバスケットがついているので、荷物も収納できて便利です。

 

ジープ スポーツ スタンダード

 

見た目がすごくかっこいいです!

黒をベースに赤・黄・緑・白などのラインが入っていてベビーカーなのにすごくスタイリッシュ。

おれしゃなママやパパがベビーカーを押してもかっこよく見えます。

さらにタイヤが大きく走行力と安定感は抜群です。

折りたたんでも自立するので、狭い玄関などでも置き場所に困りません。

 

 

レカロ ベビーカー イージーライフ

 

ビビットなカラーが揃っていて、お出かけが楽しくなります。

ワンタッチ開閉で折りたたみができ、高さも59センチまで小さくなり自立をするので、超コンパクトで置き場所にも困りません。

B型ベビーカーでは珍しいゆったりのリクライニングができるので、赤ちゃんが寝てしまっても大丈夫です。

大きな日よけに下部にはバスケットもあるので収納にも困りません。

B型ですが、欲しい必要な機能はばっちりです。

 

まとめ

赤ちゃんとのお出かけを楽しくするベビーカー。

ママやパパも楽しく使えて、自分たちの生活スタイルに合ったベビーカーを見つけて育児を楽しくしていきましょうね!