食べ物

赤ちゃんに麦茶はいつから飲ませる?飲ませ方や量は?おすすめの麦茶はこれ!

最近では赤ちゃん用の麦茶の種類も多くなってきました。

ベビー用品のお店や売り場に行くと赤ちゃん用の麦茶がいろいろと売られています。

産まれてからずっと母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんですが、麦茶っていつ頃から飲ませることができるのでしょう?

赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方やどのくらい飲ませていいのか?

赤ちゃんにおすすめの麦茶などをご紹介します。

赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方

離乳食が始まるまではずっと母乳やミルクで育っている赤ちゃん。

そもそも麦茶を飲ませる必要はあるの?

と悩みますよね。

赤ちゃん用として売られている麦茶は生後1か月からでも飲めるようになっているため、生後1か月くらいから麦茶を飲ませることはできます。

ですが、基本は母乳やミルクで水分は十分取れていますので、わざわざ麦茶を与える必要はありません。

我が家では離乳食を始めた6か月くらいから麦茶を飲ませ始めました。

大人用の麦茶は大丈夫?

赤ちゃん用の麦茶はカフェインや苦みを抑えてあり、味も薄くなっていますので、普段家で飲んでいる麦茶とは少し違います。

大人用の麦茶は赤ちゃんには飲ませないようにしましょう。

大人用でもカフェインが入っていないものであれば特に問題はありませんが、味が濃かったりして赤ちゃんがビックリしてしまうかもしれませんので、少し薄めて飲ませてあげるか、できれば赤ちゃん用の麦茶を準備してあげましょう!

麦茶以外のお茶は飲ませていいの?

赤ちゃんにいいとされているのは麦茶です。

麦茶にはミネラルやビタミンなども多く含まれていて、赤ちゃん用の麦茶にはカフェインも入っていません。また胃の粘膜を守ってくれるので離乳食を始める頃から胃の準備をしておくのにも適していますね。

また麦茶であれば虫歯になる心配もありません。

赤ちゃんの歯が生え始めるころにはジュースなどは虫歯の原因にもなってしまいますので、麦茶なら安心して飲ませることができます。

お茶ならなんでもいいの?

と思ってしまいますが、緑茶にはカフェインが含まれています。

お茶は健康にいいイメージがありますが、赤ちゃんにはカフェインはよくありませんので、麦茶以外のお茶はおすすめできません。

麦茶はいつから飲ませる?

赤ちゃん用の麦茶は1か月頃からOK

ベビー用品店などで売られている赤ちゃん用の麦茶であれば、生後1か月頃から飲ませることができます。

ですが、離乳食がはじまるまでは母乳やミルクで栄養と水分を取ることができますので、特に飲ませる必要はありません。

外遊びなどで汗をたくさんかいたりした時などに少し飲ませくらいでいいかもしれませんね!

離乳食を始める頃がおすすめ

麦茶を飲ませ始めは、離乳食を始める頃が最適です。

食事の時間に麦茶も一緒に出すようにして少しずつ麦茶に慣れていくのがいいと思います。

ずっと母乳とミルクだけで過ごしてきているので最初は麦茶の味にビックリしてしまうかもしれませんが、離乳食と一緒にいろんな味に慣れていくことができます。

麦茶の飲ませ方

赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方は、マグに入れてというのが一般的です。

ですが、最初は母乳やミルクと違う味に驚いてしまうかもしれません。しばらくは麦茶を飲むのを嫌がってしまうかもしれませんが、スプーンですくって少しずつ慣れさせていきましょう。

どうしても嫌がって飲まない場合は無理に飲ませる必要はありません。

白湯やミルクなどでしっかり水分が取れていれば大丈夫です。

お茶の味に慣れてくれば、ストローやマグなどを使って飲めるようになってきます。

created by Rinker
コンビ
¥972
(2018/08/18 22:47:55時点 Amazon調べ-詳細)

赤ちゃんにおすすめの麦茶

created by Rinker
ピジョン
¥760
(2018/08/18 22:47:55時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
和光堂
¥1,127
(2018/08/19 21:11:13時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
和光堂
¥192
(2018/08/19 21:11:14時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
和光堂
¥2,460
(2018/08/18 22:47:56時点 Amazon調べ-詳細)