子育て

赤ちゃんがいる部屋で蚊取り線香や虫よけは使っても大丈夫なの?

暖かくなってくると気になるのは虫刺され。

家にいても「蚊」が部屋にいると気になってしまって夜も眠れなくなってしまいます。

しかも「蚊」に刺されてしまうと、痒いし跡が残ってしまうし、できるだけ部屋に入れないようにしたいですよね。

蚊取り線香やベープマットは赤ちゃんに害はないのか?

蚊に刺されてしまうと、皮膚が弱い赤ちゃんの場合はひどく腫れてしまったり、掻きむしってトビヒになってしまったりという心配もあるので、できるだけ刺されないように対策をしておいたほうが安心です。

昔からある蚊取り線香も煙や臭いが気になるので、今はあまり使われてなくなってきましたが

もし使うとなると赤ちゃんに害はないの?と気になってしまいますし大丈夫なのかと不安になります。

昔は虫よけといったら、蚊取り線香が主流でしたが、現在はいろいろな虫よけ対策の商品が発売されています。

それぞれにメリットやデメリットもあるので、赤ちゃんや子供との生活スタイルにあったもの選ぶようにしましょう。

 

蚊取り線香

 

昔からある蚊取り線香。私も子供の頃は夏になると毎日家の中は蚊取り線香の匂いがしていました。

蚊取り線香の香りがすると夏が来た!という気分になります。

今でも蚊取り線香は売られていますが、使っているという人は少なくなりましたよね。

ですが、屋外では電源を必要としない蚊取り線香が今でも大活躍します。

夏の外でのバーべーキューや、庭の手入れは草むしり、農作業などには蚊取り線香があると便利です。

蚊取り線香には昆虫や爬虫類の神経に効く殺虫成分が含まれており、犬や猫などのペットや人間にはほとんど影響はないとされています。

昆虫・爬虫類・金魚などのペットを飼っている場合は注意が必要ですね。

ただ、煙を直接吸い込んでしまうと、喉の粘膜を刺激してしまうこともあるので、あまり赤ちゃんの近くにおいておくのはよくないかもしれません。

また火を使っているので、赤ちゃんが触ってヤケドしないように注意しましょう。

匂い付きのものや煙の少ないものも売られています。

 

電気を使うマットタイプ

電気を使って殺虫をするものに、「ベープマット」や「アースノーマット」などがあります。

電源がなくても電池で利用できるものもあります。

蚊取り線香のような煙はでませんが、殺虫成分がでるため大丈夫かな?と心配ですよね。

メーカーサイトによると、妊婦や乳幼児がいる部屋で使っても大丈夫とされています。

ですが、閉め切った部屋や狭い部屋ではときどき換気をするようにと記載されていますので換気を忘れないようにしておきましょう。

 

プッシュタイプ

ここ最近はワンプッシュで部屋から蚊がいなくなるというタイプの殺虫剤も多くなってきました。

我が家もこれが一番手軽で利用しています。

ワンプッシュだけで、12時間~24時間も蚊がいなくなるんてすごい!

だけど逆にどんなすごい薬が入っているんだろう…と少し心配にもなります。

これも今までの蚊取りと主に同じ成分となっているので、ペットで魚や昆虫・爬虫類などを飼っている場合には注意が必要です。

我が家はこれで飼っていたカブトムシが死んでしまいました・・・・。

犬・猫・人間には害はないとされていますので、赤ちゃんがいても使うことができます。

ですが、スプレーしたものが直接口に入ってしまうとよくないので、プッシュする時は赤ちゃんは別の部屋へ移動させておいた方が安心です。

 

まとめ

蚊に刺されてしまうと、痒いし腫れるしすごく不快です。

ママも赤ちゃんも蚊にさされないように対策は必要です。

庭に雑草がたくさん生えていたり、水たまりなどがあると蚊が多く発生してしまいます。

家の中に蚊を入れないことも大切ですが、家の周りに蚊を発生させないような対策をしておくことも重要。

 

お出かけの時のために、携帯用の虫よけなどもあります。

蚊を避けてばかりで外で遊ぶ時間が少なくなってしまっても楽しくないですし、自分たちの生活スタイルにあったものを利用して楽しい夏にしましょう!