子育て

赤ちゃんに日焼け止めは必要?人気の日焼け止めと選び方

春になって紫外線が強くなってきました。

特に春の紫外線は夏と同じくらいの強さになり、大人でも日焼けには注意が必要ですよね。

もちろん赤ちゃんも注意しなくてはいけません。

暖かくなってきて外遊びをすることも増えてくると思いますが、紫外線から赤ちゃんを守るためにしっかりと対策をしておきましょう。

赤ちゃんのための日焼け止め

自分が子供の頃は日焼け止めなんて塗った覚えはありませんが(笑)

赤ちゃんの肌は大人よりも薄いですし、昔よりも紫外線の量は増えていますので、赤ちゃんの肌も影響も受けやすいのでしっかりと日焼け止めは塗ってあげたほうがいいですね。

大人用の日焼け止めだと赤ちゃんには刺激が強いのでは?思うこともあるかと思います。

大人用でもあまり刺激の強くないものであれば大丈夫かと思いますが、今は赤ちゃん用の日焼け止めもたくさん種類がありますので、そちらを選んであげる方が安心です。

月齢が低いほど肌のバリア機能も弱いので、日焼け止めを塗ることも大切ですが、肌が直接日光に当たらないような洋服を選んだり、帽子をかぶったりということも大切です。

日焼け止めの選び方は

赤ちゃん用の日焼け止めはたくさん売っていますが、どれを選んだらいいのか?

赤ちゃん用に作られているものは基本は刺激が強くないように安心して使えるものですので、どれを選んでも大丈夫です。

  • 近所にお散歩なのか
  • しっかりと外遊びをするのか
  • 海やプールへ行くのか

などによって使い分けてもいいと思います。

 

赤ちゃんにおすすめの日焼け止め

マミーUVマイルドジェル

SPF33PA+++

かわいいくまさんの容器です。
伸びが良くべたつかないのでとても塗りやすいです。
90%が食品成分でできているので、赤ちゃんの敏感な肌でも安心です。
石鹸で簡単に落とすことができます。

 

アトピタ保湿クリームUV

SPF29・PA++

保湿効果で乾燥や肌荒れも防ぎながらUV効果もあります。
赤ちゃんのお肌は乾燥もしやすいので、しっかりと保湿をしてあげる必要があります。
乾燥から肌のトラブルの原因にもなりますので、お風呂上りの保湿にもお出かけにも使えて便利です。

 

アロベビー UV&アウトドアミスト

 

紫外線と虫対策がこの1本でできてしまうので、お出かけに便利!
ミストなので、普通の日焼け止めのように白く浮いたりということもなく快適です。
天然成分のみUVカットをします。合成紫外線吸収剤は不使用なので赤ちゃんにも安心です。

 

ドクターシーラボ ベビーUVクリーム

 SPF30・PA++

紫外線散乱剤のみを使用したノンケミカル処方で皮膚のバリア機能が未熟な赤ちゃんのために作られています。

 

ママはぐ日やけ止めミルク

 SPF34・PA+++

赤ちゃんに安心して使えるママはぐシリーズの日焼け止めです。
無添加・低刺激・弱酸性・無着色・無香料で赤ちゃんもママも一緒に使えます。
ミルクタイプなのでさらっとしていてべたつかず、ポンプ式なのでとても使いやすいです。
せっけんで簡単に落とせます。

ピジョン UVベビーミルク ウォータープルーフ

SPF50+・PA+++

海やプールで遊ぶ時におすすめです。
汗や水に強く効果が長続きするウォータープルーフタイプです。
紫外線からしっかりと守ってくれるSPF50+・PA+++の最高値ですが低刺激なので赤ちゃんにも使えます。

 

和光堂 ミルふわ ベビーUVケア

SPF35・PA+++

海やプールや水遊びにおすすめです。
母乳をお手本にした保湿成分配合の日焼け止め乳液で肌のうるおいを保ちながら紫外線からも守ってくれます。
さらさらとして白くならず、石鹸で落とせます。

 

まとめ

赤ちゃんもしっかりと強い紫外線からは守ってあげることが必要です。

赤ちゃんと一緒にママも使える日焼け止めもたくさんあるので、赤ちゃんとママが使いやすく目的に合ったものを選びましょう。

日焼け止めをうまく利用して、外遊びやレジャーを楽しんでください!